「~ことがある」の使い方について

ことがあるjapanese

「~たことがある」と中国語の「V过」

「~たことがある」は経験・経歴だけを表す

 「~たことがある」は「V过」より使える範囲が狭いです。「V过」は以下に示すように「経験」と「完成」を表しますが、「~たことがある」は「経験」しか表せません。

吃过蛇肉吗?経験蛇の肉を食べたことがありますか。
吃过饭了吗?完成ご飯をたべましたか。

「~たことがある」は最近のことは表せない

蛇の肉を食べたことがある

蛇の肉を食べたことがある

 「~たことがある」にはさらに制約があって最近のこと(基準時から隔たりが大きいこと)には使えません。

  • 〇 以前、旅行に行った時、蛇の肉を食べたことがあります。
  • × 昨日、蛇の肉を食べたことがあります。

 「最近の経験」を表現する時は「~ている」を使うことが多いです。

  • 〇 彼は昨日、蛇の肉を食べている。
  • × 彼は昨日、蛇の肉を食べたことがある。
  • 〇 犯人は3日前にここで食事をしている。
  • × 犯人は3日前にここで食事をしたことがある。

「~ている」の5用法については以下参照ください。

「~ている」はずっと以前のことも表せます。
  • 以前、旅行に行った時、蛇の肉を食べている。

ここまでの説明だと「~ている」は万能のようですが、「~たことがある」しか使えないケースもあります。

蛇に食べられている人

蛇に食べられている人

「~たことがある」しか使えないケース

 「~たことがある」は動詞以外への接続が可能です。

  • 私の先生はビジネスマンだったことがある。
  • 私は濃厚接触者だったことがある。

 意味のある「経歴」を示そうとする時は「~たことがある」を使い「~ている」は使いません。

  • 〇 蛇の肉を食べたことがある。
  • × 蛇の肉を食べている。

~ことがある(た形接続以外)

「~たことがある」の形、すなわち「た形+ことがある」以外の「~ことがある」は、「そういう場合がときどきある」ということを表します。

  • 私は中南城へ牛丼を食べに行くことがある。
  • 先生は学期中でも休みのことがある。

(以上、初級を教える人のための日本語文法ハンドブック、中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック(3Mネットワーク)などを参考にさせていただきました。)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました