essay

徒然なるままに…

essay

中国の三つ折り傘と蘇州北寺の屑入れの話

 日本人はまったくゼロからものを生み出すことには長けていない、しかしただ外の物をそのまま受け取って真似する、あるいはコピーするということも実はあまり得意ではないような気がする。なにやら、得体のしれない創造性に満ちた人々である。
essay

若い皆さんへ 後悔しない人生を送るために

「今日一日が人生最後の日だと思って生きなさい。」そうすれば充実した人生を送ることができます。確かにその通りかもしれません。しかし本当に「今日が人生の最後の日」と思えますか?それは無理です。ではどうすればいいでしょう?
essay

中国の大学で日本語教師、第二の人生をアップグレード!

私は2021年現在、中国江蘇省、上海と長江を挟んで隣接する南通市にある南通大学で日本語教師をしております。個人的には50代のサラリーマン、特に50代半ばを越え、人生100年時代に向け、積極的に新しい生き方を探しておられる方々に、中国の大学での日本語教師の道をお勧めしたいです。
essay

鑑真と南通

滨江公園に、今はあまり知られていない記念碑がある。なぜ“秘密”かというとここ数年、現在、長江から突き出ている突堤部分へは立ち入ることができないようになっているからだ。筆者は初めて南通に来た2004年年末に、突堤の先まで歩いた。
essay

時には高いところから自分の生活の場を眺めるのもいい

10月に入って学内インターネットのつながりが悪い。中国ではこういうことが良くあるがたいていは一過性のものである。イライラしながら作業するのもよろしくないので思い切って学外、といっても校門を出て道路の向かいにあるホテルに泊まり仕事をした。
books

ブログの100-300-1000の法則とは?「アウトプット大全」から

この夏休みにブログを始めて、これがちょうど100記事目になります。なんでまたブログなどというオールドメディアに手を染めたかということなんですが、人間が“オールド”ですから、そもそも新しいものにはついていけない?ということも確かにあるかもしれません(笑)。
essay

ゴジラvsコング 60年ぶりの対決が教えてくれる大切なこと

ゴジラ第1作は1954年に公開された。当時のポスターに「水爆大怪獣映画」とある。ゴジラは、アメリカが南太平洋のビキニ環礁で頻繁に行っていた水爆実験の影響で、突然変異し巨大化した海中生物として生まれた。彼が、口から吐くものは“放射能”である。
essay

コップの中の赤い水の話

コップの中の水の分子全部に赤いマークをつけたとします。次にそのコップの水を、自然の中で拡散させ地球上のすべての水で薄めます。全部混ざったところで再びコップ1杯の水をどこかからすくったら、赤いマークの水分子は見つかるでしょうか?
essay

嫦娥が月にいるのはなぜ?

言い伝えによると、遠い昔10の太陽が一度に空に現れ、農作物は枯れ人々は生活の糧を失った。その時、后羿(こうげい)という無限の力を持つ英雄が民のために崑崙山にのぼり、天に向かって弓を射て、一気に九つの太陽を射落とし一つだけを残し人々を禍から救った。
essay

京都駅ビルと潜水艦

昨年2020年は、コロナ関係でほぼ1年間にわたって日本に足止めされた。おかげで長く義理を欠いていた様々な場所へあいさつに出かける余裕もあった。以前勤めていた会社にも行った。30年近く勤めた会社である。かつて通いなれた本社への道をゆっくり歩いてみた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました