嫦娥が月にいるのはなぜ?

お月見essay

中秋快乐2021 今日2021年9月21日は中秋節。日本では「中秋の名月」。「嫦娥」は現在では中国の月ロケットの名前として日本でもよく見かける文字ですが、なんとなく「かぐや姫」に似た月の世界のお姫様のように思っている人が多いですね。良い機会なので「嫦娥」にまつわる神話がどんな話なのか調べて日本語にしてみました。

 

嫦娥奔月

 言い伝えによると、遠い昔10個の太陽が一度に空に現れ、農作物は枯れ人々は生活の糧を失った。その時、后羿(こうげい)という無限の力を持つ英雄が、民のために崑崙山にのぼり、天に向かって弓を射て、一気に九つの太陽を射落とし、一つだけを残して人々を禍から救った。

相传,远古时候天上有十日同时出现,晒得庄稼枯死,民不聊生,一个名叫后羿的英雄,力大无穷,他同情受苦的百姓,登上昆仑山顶,运足神力,拉开神弓,一气射下九个多太阳,并严令最后一个太阳按时起落,为民造福。

 后羿はこのため民の尊敬を受け王になり、嫦娥という美しい妻を娶った。后羿は芸能や狩りにいそしむ以外は一日中妻と一緒にいて、才ある夫と美貌の妻のカップルは人々の羨望の的になる。そして多くの志士たちが后羿に教えを乞いにくる中に、悪意をもった蓬蒙がいた。

后羿因此受到百姓的尊敬和爱戴,后羿娶了个美丽善良的妻子,名叫嫦娥。后羿除传艺狩猎外,终日和妻子在一起,人们都羡慕这对郎才女貌的恩爱夫妻。不少志士慕名前来投师学艺,心术不正的蓬蒙也混了进来。

嫦娥と月

 ある日、后羿が崑崙山の友に教えを乞いにいったところ、たまたま王母に出会い、不死の薬をもらう。その薬を飲めばたちどころに天に昇り仙人になるというもの。妻との別離を恐れた后羿はその薬をしばらく妻に預けて保管しておくことにした。しかし嫦娥が化粧台の宝箱に薬を入れるところを、部下の蓬蒙に見られてしまう。蓬蒙は薬を盗み自分が飲もうと思った。

一天,后羿到昆仑山访友求道,巧遇由此经过的王母娘娘,便向王母求得一包不死药。据说,服下此药,能即刻升天成仙。然而,后羿舍不得撇下妻子,只好暂时把不死药交给嫦娥珍藏。嫦娥将药藏进梳妆台的百宝匣里,不料被小人蓬蒙看见了,他想偷吃不死药自己成仙。

 三日後、后羿が皆と狩りにでようとする。しかし、悪だくみを抱く蓬蒙は病気と偽り家に残る。后羿が去って間もなく蓬蒙は剣を持ち嫦娥の部屋に忍び込み彼女を脅し不死の薬を奪おうとする。蓬蒙に抗えないと知った嫦娥は機転を利かせ宝箱の薬を自ら飲んでしまう。嫦娥が薬を飲むと、彼女の体は地面を離れ、窓から天へと昇って行った。嫦娥は夫のことが忘れられず天上の世界の中では人の世に一番近い、月の世界で仙人となったのである。

三天后,后羿率众徒外出狩猎,心怀鬼胎的蓬蒙假装生病,留了下来。待后羿率众人走后不久,蓬蒙手持宝剑闯入内宅后院,威逼嫦娥交出不死药。嫦娥知道自己不是蓬蒙的对手,危急之时她当机立断,转身打开百宝匣,拿出不死药一口吞了下去。嫦娥吞下药,身子立时飘离地面、冲出窗口,向天上飞去。由于嫦娥牵挂着丈夫,便飞落到离人间最近的月亮成了仙。
 

若干の考察

嫦娥月へ奔る

嫦娥月へ奔る(月岡芳年画)


 嫦娥はとてもよい女性に仕立て上げられていますが、Wikipediaによると、初出の「淮南子」ではもともと嫦娥は仙人であったが、人間界で不死ではなくなったので夫から薬を盗んで月に帰ったが、結局ヒキガエル(ヘビ?)にされてしまった、という話であったとされています。
   月にまつわる話は、できれば美しい物語であってほしいと思う心が嫦娥の話を変えていったのかもしれません。日本の「かぐや姫」も、ストーリーは今や嫦娥奔月とは似ても似つかぬものになっていますが、「嫦娥」の話をベースに日本人好みのお話に変化していったのかもしれませんね。(ちなみに「淮南子」(えなんじ)という読み方は呉音、つまり日本に伝わったのは相当古いと考えられます。)
 日本で中秋の名月といえば月見団子とススキ。月見団子は正式にはお米で作るそうです。ススキは魔よけの意味があり、稲穂を象徴しています。中秋節の習慣そのものも、日本では秋の収穫を感謝あるいは祈る習慣に変わったようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました