「楽しい」「おもしろい」「うれしい」「ゆかい」の違い

嬉しい、楽しい、面白い、愉快japanese

「楽しい」「おもしろい」「うれしい」「ゆかい」の違いについて考えましょう。

「楽しい」と「おもしろい」

 「楽しい」は自分が参加している時に感じる気持ちですが、「おもしろい」は自分が参加していない場合も使えます。

 「楽しい」「おもしろい」という感情の領域のようなものがあったとすると、図示すると以下のように、「楽しい」という領域に没入しているのが「楽しい」。「おもしろい」という現象をその外側で、あるいは客観的に評価しているのが「おもしろい」です。

「楽しい」と「おもしろい」

「楽しい」と「おもしろい」

  • 遊園地で楽しく遊ぶ。
  • おもしろい映画をみる。

「うれしい」と「楽しい」

 自分が主体的に心が明るくなるという意味では「楽しい」と「うれしい」は同じです。違いは、

「うれしい」は瞬間的な感情、「楽しい」は長く続く気持ちである

という違いがあります。

「うれしい」と「楽しい」

「うれしい」と「楽しい」

  • 誕生日が来てうれしい。
  • 誕生日パーティーは楽しい。

「ゆかい」

 「ゆかい」の表す基本的な感情は

笑ってしまいたくなる気持ち
です。
また、「楽しい」のように自分がその感情の中に参加している場合も、「おもしろい」のように一歩退いて、客観的に評価する場合にも使います。
「ゆかい」=「楽しい」+「おもしろい」
「愉快」=「楽しい」+「おもしろい」

「愉快」=「楽しい」+「おもしろい」

  • 愉快な人生を送りたいものです。

「うれしい」「楽しい」「おもしろい」「愉快(ゆかい)」

以上まとめます。

「うれしい」「楽しい」「おもいしろい」「愉快」まとめ

「うれしい」「楽しい」「おもいしろい」「愉快」まとめ

○○手紙

「うれしい手紙」「楽しい手紙」「おもしろい手紙」「ゆかいな手紙」は次のようなニュアンスの違いが出てきます。

紫のレターうれしい手紙:合格通知など一瞬の喜びを読者に与える内容の手紙。

楽しい手紙:読む人の気分が晴れやかになる内容の手紙。

おもしろい手紙:興味ある内容で、読者を飽きさせない内容の手紙。

ゆかいな手紙:中身が普通とは違っていて笑ってしまうような内容の手紙。

(以上、基礎日本語辞典 森田良行著 角川書店、三省堂国語辞典第八版、などを参考にさせていただきました)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました