「ごく」「ほんの」「たった」の使い分け

「ごく」「ほんの」「たった」100mゴールjapanese

「ほんの」のってどういうこと?

 たとえば「ほんの」という言葉を説明してくださいといわれたらどう答えますか?「少し」ということでしょうか?だとしたら「ほんの少し」は「少し少し」になってしまいますから変ですね。「ほんの」は、

本来片寄った数量がさらに少ないことを表す

 と考えた方がよさそうですね。以下よく似た言葉「ごく」「ほんの」「たった」について考えてみましょう。

「ごく」「ほんの」「たった」

  • 僅差でゴールごく少しの差で勝った。〇
  • ほんの少しの差で勝った。〇
  • たった少しの差で勝った。〇

はすべて言えます。しかし

  • ごく0.1秒の差で勝った。×
  • ほんの0.1秒の差で勝った。〇
  • たった0.1秒の差で勝った。〇

「ごく0.1秒」は言えません。

  • ごく僅かの差で勝った。〇
  • ほんの僅かの差で勝った。〇
  • たった僅かの差で勝った。×

「たった僅か」は少しおかしいです。

「ごく」「ほんの」「たった」は少しずつ使い方が違うようです。

「ごく」の用法

 「ごく」から確認していきましょう。「ごく」は漢字で書けば「極」であることからもわかるように、基本的に程度が極端な度合いであることを示します。

 

「ごく」

「ごく」について

以下のように両極端に使います。

片寄りを示す語の両極端を表しますごくありふれた現象
ごく細かい粒
ごくまれな現象
ごく粗い粒

しかし本来、片寄りを示さない語を修飾することはできません。

片寄りを示さない語には使いませんごく細い粒
×ごく黒い色

片寄りがあっても、極端の限度がない語には使いません。

極端に限度がない場合使えませんごく早い時期
×ごく遅い時期

(「遅い」には(1秒後→1時間後→1日後→1年後)限度がありません)

「ほんの」の用法

 「ほんの」も「ごく」と同じように極端を示します。

「ほんの」も片寄りを極端化しますごく僅か足りない
ほんの僅か足りない

ただ、「ほんの」は「小さい方」「低い方」の極端しか示せないようです。

「ほんの」は程度の低い方にしか使いませんほんの少し足りない
×ほんの大きい服

「ほんの」は主に「数量的」なものを形容します。

「ほんの」は主に数量的なものを表しますほんの10メートル
×ごく10メートル
たった10メートル

「ほんの」には「質の低さ、価値の低さ」というマイナスレベルの評価を示す用法があります。

「ほんの」は価値の低さを示す用法がありますほんの子供だ
×ごく子供だ
×たった子供だ

「たった」の用法

 「たった」は完全に数量限定で使います。

「たった」は数量限定ですほんの少し足りない
×たったわずか足りない

まとめ

 「ごく」「ほんの」「たった」それぞれの使える範囲をまとめると以下のようになります。

「ごく」「ほんの」「たった」の用法まとめ

「ごく」「ほんの」「たった」の用法まとめ

以上、違いをあらわす「基礎日本語辞典」森田良行著 を参考にしてまとめました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました