「さっそく」「早急に」「たちまち」「あっという間に」「とっさに」等の使い分け

あっという間japanese

 2021年もあとわずか。いろいろありましたが、過ぎてしまうと早いものですね。今日は、短い時間を表す副詞的表現の使い方を勉強しましょう。

「さっそく」「早急に」「たちまち」「あっという間に」「とっさに」「すぐ」などがあります。

自発的行動か否か?

 まず主体となるものの「自発的行動」であるか、主体は観察者で「環境変化」を表すものか、2つに分類しましょう。

  • 新しい国語辞典が発売されたので、さっそく買いに行った。〔自発的行動〕
  • あっという間に年末になった。〔環境変化〕
自発的行動 さっそく、早急に、とっさに
環境変化 たちまち、あっという間に、

 となります。

光陰矢の如し(こういんやのごとし)

光陰矢の如し(こういんやのごとし)

「さっそく」「早急に」「とっさに」

  「さっそく」「早急に」「とっさに」の三つにはそれぞれの「自発的行動」を促す原動力に違いがあります。「さっそく」は主体者が自ら進んで動きます。「早急に」は主として外圧によって主体者が動かされる、「とっさに」は無意識に動く、という違いがあります。

さっそく 主体者の自主的動作
早急に 外圧による動作
とっさに 無意識の動作
  • 近所にローソンができたので、さっそくおでんを買い物に行った。〔主動〕
  • 早急にダイエットを始めなければ大変なことになる。〔外圧〕
  • 悪口を言われても、とっさに言い返してはならない。〔無意識〕

「たちまち」「あっという間に」

  • tokei 3ニュースは、たちまち全世界に広がった。

 「あっという間に」は「たちまち」の少しくだけた表現(比喩)で、多くの場合置き換えることができます。

  • ニュースは、あっという間に全世界に広がった。

 しかし、「時間の短さ」が「あっという間に」の方が「より主観的」になる傾向があります。

  • 〇今年もあっとという間に終わってしまった。〔主観〕
  • △今年もたちまち終わってしまった。

「すぐ」はほぼ万能

 「すぐ」はここまでのすべての例文で使うことができ、ほぼ万能です。

  • 新しい国語辞典が発売されたので、(さっそく/すぐ)買いに行った。
  • (早急に/すぐ)ダイエットを始めなければ大変なことになる。
  • 悪口を言われても、(とっさに/すぐ)言い返してはならない。
  • ニュースは(たちまち/すぐ)全世界に広がった。
  • 今年も(あっという間に/すぐ)終わってしまった。

以上、「基礎日語写作教程②高等教育出版社」などを参考にまとめました。

時のたつのは早い

コメント

タイトルとURLをコピーしました