【語源】仏教用語を起源にもつ日本語

仏教由来の日本語japanese

 日本語には、仏教に由来する言葉がとても多いです。ちょっと意外なものをいくつかご紹介します。

出世

 「出世」は社会的地位が上がること。出世の道

 「出世」とは、人々を救うために仏様が「このに現れる」ことを意味しました。ただし、現在私たちが使っている「出世」は「出世間:つまり「世間を出る」という言葉に由来します。つまり「世間を出る」=「世俗を離れて仏の道に入る」ということです。

 つまり、お坊さんになることを示す言葉でした。お坊さんという高い地位につくという意味から「立身出世」を表すようになりました。

親切

 おばあさんに席を譲る若者「親切」は丁寧で行き届いていることです。

 もとは「深切」「心切」と書いたようです。この「切」は「切断」の「切」ではなく「懇切」「切望」の「切」、つまり「しきりに」「ひたすらに」という意味です。

 つまり仏教の道に「ひらすら親しむ」ことこそ「親切」ということでした。ここから、相手の身になっていろいろしてあげることを「親切にする」と言うようになりました。

我慢

我慢する 「我慢する」は忍耐することや耐え忍ぶことです。

 「慢」というのは仏教で「他人と比べて自分を過大評価して思い上がること」を指します。人間には「七漫(しちまん)」といって「七つの慢心」があるそうです。この慢心は人間なら誰でも持っているもので、仏教の教えは、「じっと自分(我)を抑え、耐え忍ぶことが必要」と説きます。そこから、辛抱することを「我慢する」というようになりました。

迷惑

迷惑なタバコを吸う人 「迷惑」は現代日本語では「他人のせいで嫌な目にあうこと」の意味ですが、中国語では「戸惑う」という意味です。

 悟りに至らない迷いの世界を仏教では「迷界」といいます。「迷惑」はその迷界で、戸惑い、うろうろしていることを指します。これが中国語の「迷惑」の意味になっています。

 日本では、そこから変化して「他人のせいで」困ってしまうことを意味するようになりました。

道楽

道楽三昧「道楽」は仕事以外のこのに熱中する、そこから転じて賭博などにふけったりすることを表します。

 もともとの仏教の「道楽」とは意味が逆でした。「仏道に励んで悟りを得る楽しみ」のことを意味しました。「道楽」という文字が「楽な道」ということを想像させるため、真面目に働かず趣味や、酒・博打にふけることを意味するようになったものと考えられています。

 真面目にはたらかず、ぶらぶらしている子どもを「道楽息子」などと言ったりします。

退屈

たいくつ 「退屈」は「ヒマですることがないこと」ですが、もともとの仏教用語としての「退屈」は「退き屈する(しりぞき、くっする)」ということですから文字通り「修行の苦しさに耐えられず屈してしまうこと」を指しました。

 人間、前向きな気持ちを失ってしまうと、ものごとすべてがつまらなく感じるもので、しんなことから。だれたり、暇を持て余すことを意味するようになったようです。

以上「語源と謎解き」(板坂元著)同文書院刊などを参考にしました。

【語源】鉄づくり由来の日本語
鉄づくりは人々の生活を変えました。日本では5世紀頃から本格的に出雲地方(今の島根県)で鉄づくりが始まりました。「たたら製鉄」です。映画「もののけ姫」(中国名:幽灵公主)では「たたら場」とそこで働く女性たちの姿が描かれていました鉄づくりから生まれた意外な日本語をご紹介しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました