「だいたい」と「たいてい」の使い分け

だいたい、たいていjapanese

漢字で書くと「大体(だいたい)」と「大抵(たいてい)」。どちらも「大部分」という意味ですね。

しかし使い方はちょっと違います。ちゃんと区別して使うと、歯切れ良くわかりやすい日本語になります。

  • 日曜日はだいたい家にいる。
  • 日曜日はたいてい家にいる。
同じように見えるんですが、実は意味が違います。
会話文で確かめて見ましょう。
 
A:「今度の日曜日、家にいる?」
  「今度の日曜日だったら、だいたい家にいるよ。」
 
B:「夏休みは日曜日、家にいる?」
  「日曜日だったら、たいてい家にいるよ。」
 
Aの会話では特定の日曜日の大部分、Bの会話ではいくつかある日曜日の大部分を指しています。
つまり
  • 「だいたい」は一つのもののうちの大部分
  • 「たいてい」はいくつかあるうちの大部分
言葉ではわかりにくいかもしれません。下の図をみればわかるかな。
 
「だいたい」「たいてい」
 
  だいたいわかったかな?
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました