日本語教師として日本語学科新入生に贈る言葉

essay
 ようこそ、日本語学科へ。まずは入学おめでとう!皆さんの中で南通出身の人はどのぐらいいますか?5%程度かな。あまりいないようですね。ということは、ここにいるほとんどの人は、わざわざ故郷を離れてこの南通へ、日本語を勉強しにやってきたわけだ。では皆さんに質問します。南通大学の日本語学科というのは、そうまでして、つまり大切な家族の元を離れてまでして、学ぶ価値のある場所なんでしょうか、これは意地悪な質問ですか?
    ちなみに私は大阪人です。しかし大学は東京の東京大学を選びました。ただ東京大学は私を選んではくれませんでした(笑)。つまり入学試験に失敗したということです。周囲の人も自分も、絶対大丈夫だと思っていたので(これを思い上がりといいます)、ずいぶんショックでした。人生最初の挫折というやつです。そして結局東京大学は最後まで私を選んでくれなかったので、私は次の年、地元の大学へ行きました。
    もう数十年にもなりますが、東京大学の合格発表の日、掲示板に自分の受験番号が抜けていた光景を、はっきりと覚えています。たぶん死ぬまで覚えているでしょう。
東京大学合格発表風景

東京大学合格発表風景

  覚えているからこそ、今の自分があると思っています。言うまでもなく、東京大学というのは日本で一番優秀な大学です。日本の高校生は皆その大学を目指すといってもいいでしょう。卒業すれば、それなりのいい人生が送れる、と言われています。私はその東京大学に入ることができず悲しかったし、ずっと応援してくれていた両親、特に母親に大変すまないと思いました。私は悔しかった。そして負けてなるものかと思いました。
    そして今。自己評価ではありますが、私は東京大学で学び、卒業した人々よりも、ずっとずっと充実した人生を送ることができた、と思っています。
    推測でこんなことを言って申し訳ありませんが、皆さんの中で本当に南通大学に入りたかった人はむしろ少数派ではないかと思います。上海外国語大学や蘇州大学の方が良かったのではないですか?さらには本当は日本語を勉強するつもりじゃなかったという人もいるでしょう。
    この大学の日本語学科は決して中国一ではありません。でも日本語というのは、外国語というのは大学で教えられる学問の中で、実は特殊な学問なのです。それはつまり、持って生まれた頭の良し悪しには関係なく、努力次第で最高レベルに達することが可能なものなのです。これが物理や化学と違うところです。がんばった者、情熱をもって継続的に取り組んだ者が必ず一番になれます。
 だから、ほかの一流大学に行った人たちに負けまいとがんばってほしい。
 苦しくなったら、怠けたくなったら、小さいときからずっと、君たちの厳しい受験戦争を応援し続けてくれた両親のことを思ってください。あなたを支え、支え続けてくれている人のことを思ってください。そして南通大学に入って良かったと思って卒業していってほしい。良かったと思える人生を送ってほしい。そんな人を、一人でも多く育てることが私の夢です。
シニア世代の新しい生き方 中国の大学で日本語教師
中国の大学で日本語を教える。これはシニア世代の日本人の生き方として、条件さえそろえばぜひお勧めしたいことです。私自身の体験を踏まえ、お話します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました