「浮かぶ」「浮く」「浮かせる」「浮かす」「浮かべる」の違いは?

浮かぶ、浮く、浮かせるjapanese
浮かぶ、浮く、浮かせる

「浮かぶ」「浮く」「浮かせる」「浮かす」「浮かべる」の違いについて考えてみましょう。

「浮かぶ」と「浮く」

5つの中で「浮かぶ」「浮く」の2つが自動詞です。「浮く」は「比重差で上昇する」という意味で、「沈む」と対をなしています。これに対し「浮かぶ」は同じ現象を表しますが「そのものが(上昇して)目立つこと」に力点が移ります。

  • 油は水に浮く。(×油は水に浮かぶ)
  • 太平洋に浮かぶ島。〔比喩的用法〕
「浮かぶ」「浮く」「沈む」

「浮かぶ」「浮く」「沈む」

「浮かべる」「浮かせる」「浮かす」

 3つの他動詞の中で最も他動詞としての性質が強い(他動性が高いといいます)のが「浮かべる」です「なんらかの力によって浮かんでいる状態を実現する」ことを示します。

  • 笹で作った舟を小川に浮かべる。
  • 1円玉を水面に浮かべる。

「浮かせる」は「浮く」が「使役」の形に変化したものです。「浮かす」は「浮かせる」とほぼ同じ意味の他動詞です。それぞれ「沈ませる」「沈める」と対応します。

  • ウイスキーに氷を(浮かせる/浮かす)。
  • 思わず腰を(浮かせる/浮かす)。〔比喩的用法〕
「浮かべる」「浮かせる」「浮かす」「沈ませる」「沈める」

「浮かべる」「浮かせる」「浮かす」「沈ませる」「沈める」

 上の絵に描いたように「浮かせる/沈ませる」のペアは「浮く」「沈む」両動作のための「外部からの力が強い」感覚があり、「浮かす/沈める」のペアはやや弱いイメージがあります。

「浮かせる」⇔「沈める」

 「浮かせる」≒「浮かす」、「沈ませる」≒「沈める」ということになりますが、上に書いたように「外部からの力」=「強制力」という観点で見ると「使役」の形式の方が強制する感覚(下表では強制感としています)が強いように感じられます。

浮かせる、沈める

 一般にモノを沈めるより浮かせる方が外部力を要しますから、通常は「浮かせる(使役)」「沈める(他動詞)」をよく使うようです。

  • 一般にモノを沈めるより浮かせる方が外部力を要する。
  • △一般にモノを沈ませるより浮かす方が外部力を要する。
「浮かべる」「浮かせる」「沈める」

「浮かべる」「浮かせる」「沈める」

「使役」≒「他動詞」のその他動詞の例

 同様のペアの例を以下に示します。

寝かす、泣かす、済ます

「浮かぶ」「浮く」「浮かせる」「浮かす」「浮かべる」まとめ

以上まとめます。

「浮かぶ」「浮く」「浮かせる」「浮かす」「浮かべる」

「浮かぶ」「浮く」「浮かせる」「浮かす」「浮かべる」

(以上、基礎日本語辞典 森田良行著 角川書店刊、三省堂国語辞典第八版 などを参考にさせていただきました)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました