「学ぶ」と「習う」の違い

「学ぶ」「習う」japanese

「学ぶ」と「習う」の違い

「学ぶ」と「習う」の違いについて調べましょう。英語の”study”と”learn”の違いに近いような気もしますね。

 現代日本語の用法上の違いは比較的明瞭です。以下の2点をおさえておきましょう。

Ⅰ.能動的か受動的か?

「学ぶ」が自分から積極的に知識を得ようとする動作全般を指すのに対し、「習う」は原則的に指導者、先生がいてその人からやり方を教えてもらうことで成立します。

  • 独学で日本語を学ぶ。
  • 勝川先生に日本語を習う。
能動的「学ぶ」か受動的「習う」か?

能動的「学ぶ」か受動的「習う」か?

学ぶ能動的知識・能力などを得るために、本などを見たり、先生に教わったり、実際にやってみたりする。
習う受動的〔先生のすることをまねて〕やり方を教わる。

Ⅱ.広く身につけるか、特定の技能を身につけるか?

 「学ぶ」が、どちらかと言えば「広く知識・技能を身につける」ことを指すのに対し、「習う」は「特定の技能を身につける」時によく使います。

  • 京都大学で学びました。
  • 小学校の頃、水泳を習っていました。
総合的か特定技能か?

総合的か特定技能か?

学ぶ総合的広く知識・技能を身につける
習う専門的特定の技能を身につける

「学ぶ」と「習う」の違い まとめ

 以上まとめると以下のようになります。

学ぶ能動的総合的広い知識・総合的な能力などを得るために、本などを見たり、先生に教わったり、実際にやってみたりする。
習う受動的専門的特定の技能を身につけるために〔先生のすることをまねて〕やり方を教わること。

語源から見た「学ぶ」と「習う」

 実はおもしろいことに、語源的に見ると上で見た「学ぶ」と「習う」の関係とは少しおもむきが変わります。つまり「学ぶ」の方が「まねぶ」つまり「真似をする」という言葉のもとになった言葉から来ているのです。

「習う」の方の語源はよくわからないものの、「並ぶ」「馴れる(慣れる)」などが元になった言葉ではないかと言われています。

習う、倣う

 「並ぶ」「馴れる」のどちらが源だとしても、「並ぶ」「馴れる」という行動は多少なりと「能動的」な響きがあるので、現代用法とは逆の意味領域に変化しているようですね。

前へ倣え!

前へ倣え!!

 また「習う」から学習の、意味を除き「先の例の真似をして、その通りにする」という意味になると「倣う」となるのも面白いですね。

  • 先例に倣い式を挙行する。
  • 「前に倣え!」

以上、新明解語源辞典(三省堂)、日本語の難問 宮腰賢著(宝島社)などを参考にさせていただきました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました