ゴレンジャーのポーズで決めよう「~ている」の5用法

「ている」ゴレンジャーjapanese

秘密戦隊ゴレンジャーの決めのポーズを見てみましょう。

アカレンジャーは主人公なので張りきっていますね。キレンジャーはちょっと太っています。ミドレンジャーは目がつりあがっていてちょっと変な顔。アオレンジャーの俳優さんは昔ドラえもんをやっていたのか青と赤の衣装が好き。そして紅一点のモモレンジャーは毎日おしゃれしています

ゴレンジャーと「ている」5用法

上の5つの「~ている」の使い方。全部違うのがわかりますか。実はこの5つが「~ている」の代表的な使い方なのです。まとめましょう。

用法ゴレンジャー典型的例文
継続主役で張りきっています。今、テレビを見ている。
結果残存太っています。電気が消えている。
属性目がつり上がっています。一卵性双生児は互いによく似ている。
経験昔、ドラえもんをやっています。犯人は3日前にここで食事をしている。
反復毎日おしゃれしています。毎日、ブログを書いている。

基本は継続し得る動きを表す動詞をつかった「継続(進行)」用法と、瞬間動詞などで以前に動きが終了し結果が残っている「結果残存」用法です。

これに加えて、時間的な限定が希薄な動詞になってくると「属性・性質」などを表すようになる。

さらに「経験」「反復」を表す用法もある、と段階的に把握しておきましょう。

スーパー戦隊シリーズと日本の伝統芸能「歌舞伎」

余談ですが、1975年に「秘密戦隊ゴレンジャー」として始まった「スーパー戦隊シリーズ」。子供向けの5人のヒーローもの「○○ジャー」として毎年新たなシリーズが放映されており、今年(2021年)で45作目になるそうです。

スーパー戦隊シリーズ主人公

スーパー戦隊シリーズ主人公せいぞろい

どのシリーズでも、子どもに人気があるのはやはり最初の図のような「5人そろって〇〇ジャー!」と決めのポーズをとる場面ですが、この5人のポーズは日本の伝統芸能の歌舞伎(かぶき)の有名な演目「白波五人男」のポーズにヒントを得て作られたそうですよ。

白波五人男

歌舞伎「白波五人男」

子ども向けといっても、あなどれないですね。

参考までに白波五人男の次のセリフ、最初の「知らざあ、言って聞かやせやしょう。」という表現は日本人で知らない人がいないぐらい有名です。

知らざあ、言って聞かせやしょう。(知らないなら言って聞かせましょう)浜の真砂(まさご)と五右衛門が、歌に残せし盗人(ぬすっと)の、種は尽きねえ七里ヶ浜、その白波の夜働き、以前をいやあ江の島で、年季勤めの児ヶ淵(ちごがふち)。…

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました