中国生活 窓ふきのススメ

窓ふきessay

中国に長く駐在する日本人の中で、自分の家の窓を拭いたことがないという人が、実はことのほか多い。一度きれいにしてみてはどうか。日本であろうが、中国であろうが単身赴任となれば、掃除、洗濯は嫌でもこなさねば生きてゆけない。日本におれば窓などもある程度は美しく保とうとするだろう。しかしここ中国ではやらない。なぜか。

理由は明白である。よく言われる。中国では掃除してもすぐに汚れる、汚れるというよりすぐに泥だらけになる、きれいにするだけ損だ、という。なるほど中国人の家庭においても、窓はきれいにしない習慣ではあるようだ。そして窓自体、特に外面は構造上拭きにくい構造になってしまっている。隣近所の窓を見れば、どこもかしこもほぼ同じようなもの。心配はいらぬ。窓の汚れはある程度進むと、それ以上進まない。定常状態になる。それで外が見えないということはない。何の不便もない…、からである。

マンションの窓

その前提で、あえて窓ふきというものをやってみることをお勧めする。1日でやろうとすると大変だ。毎日少しずつやってみる。事前にスーパーに行き、それなりの道具を購入することは不可欠だ。実はすぐには美しくならない。なにせ築後おそらく数年、あるいは10年以上、手を付けられることのなかった汚れである。下手な拭き方をすると余計に醜くなる。

続けていくと、少しずつ、少しずつ、窓からの景色が変わって見えてくる。最初は物理的にきれいにはできないと思っていた難しい部分も、工夫すれば手が届くようになるのが不思議である。やがて、塵芥が蓄積し、触れることすら避けていた窓枠に肘を乗せ、ゆったりと窓外を眺めてみようかという気にもなる。

そして、一度そのような理想状態を作っておけば、実はメンテナンスはそれほど困難なことではない。確かに汚れのつく速度は速いかもしれない。ただしそれを取り除く作業は、当初の作業に比べればあきれるほどたやすい。

そうなった時点で思い返してみよう。中国は、日本と違い埃だらけ、窓など拭いてもすぐ汚れてしまう、よって掃除しないのが賢明である。という誤った論法を。

  以上、窓ふきの話ではない。
 人によってレベルの違いはあろう。自分がこれまで中国において、どれほどの思い込み、偏見といってもよい、その偏見で汚れきった色眼鏡で、中国を、そして中国人を見ていたか。少し考えてみる時間も必要ではないだろうか。色眼鏡を外すことは、窓ふきよりは多少時間がかかるかもしれない。より澄み切った眼でこの国を見つめることができるように、まず何かを始め、進めていくことが大切である。中国10年目を迎える自分自身への反省を含めて思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました